2018年09月13日

トランポリン教室

こんばんは、
燃えPaPaです。

先日から私も飛んでいる、
トランポリンチームラビットが、
一時的に会場閉鎖危機により、活動を縮小化していて、
3年ほど続けていた外部への間口を広げていた教室も廃止になっていたのですが、

このほど、トランポリン教室の方、
晴れて再開しました。

遠いことと、活動場所が仲良しチームに借りていることもあり、
やや規模は小さいですが
初心者の方や、これからトランポリンを初めてみたい方にオススメです。

よろしかったらどうぞ情報だけでもご覧くださいな。


燃えPaPa


【関連する記事】
posted by 燃えPaPa at 10:17| Comment(0) | トランポリン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

開脚跳び(ストラドルジャンプ)

トランポリンの基礎技

開脚跳び(ストラドルジャンプ)

ストレートジャンプから、
空中で、両足を左右開脚し、足先に手を伸ばしながら、跳躍の頂点で最大に開きます。
着地は両足裏で。

まずはストレートジャンプでしっかり体を引き上げ、
ジャンプの頂点近くで、少し猫背にして、腹筋、側筋、ももの力で、足先が極力自分から遠ざかるように引き上げます。
開脚時には、できればつま先(無理ならすね)に手の指先で触れるようにします。

勢いよく開いたら、下降に移るまでに、着地のために足はまっすぐ下ろす、
といった身体の動きをします。

注意点としては、足先が曲がってしまい、
通称ゲタを履いた状態になりがちなので、足先を伸ばすように気をつけます。


派生技例
ストラドルジャンプ→腰落ち
ストラドルジャンプ→前方宙返り

難度点
なし

注意点
足だけ広げて上げるのは難しいので、
少し猫背で、手を遠くへ広げるようにして足を引き上げましょう。
posted by 燃えPaPa at 06:07| Comment(0) | トランポリン基礎技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

腰落ち(シートドロップ)

こんばんは、こうちゃんです。

今回も、トランポリン基礎技のひとつ

腰落ち(シートドロップ)

のご紹介を。
これは、
これまでの紹介してきた、ストラドルや、ピルエットなどの、
足で飛んで、足で着地、の技と違い、足以外での着地の技となります。

また、足以外での着地の技の中では、もっとも初歩の技で、ほぼどこのチームでも、初期に教えている技です。

この腰落ちは、ストレートジャンプの入りから、手は上げたまま、少しだけへそを前へ押し出し、上昇中は足を下げたまま、
下降に入りだしたら、後半両足を閉じたまま前へ、着地直前に手を尻の両サイドに着手、
足は、かかと、ふくらはぎ、ふともも、尻が1直線になるようにして着地。
※着手位置は、尻の真横より、やや後ろ(20cm)ほどに着く

ベッドの沈み分、体全体に跳ね返りを受け、上昇
手はすぐにバンザイを作り、体の上昇とともに、足を降ろし、足裏で着地

で完了です。

派生技例
腰落ち→半捻り立ち
腰落ち→半捻り腰落ち(通称スィーブル)

難度点
0
(腰は折っているが、上半身(胸)の位置を倒さない技なので難度0)

注意点

・足をほとんど上げない
飛んで、最初の着地までに、足は前へ出すだけのイメージで、
上へは上げないように。

・着地の際の手は、指先を足先の方向に向ける
他の方向に指を向けると、ひじがロックされ、体重がかかった際に痛めてしまうので。

・着地から上昇時は腕を振り上げる
ただ立つ場合も、他の技へつなぐ場合も、腕の振り上げで体を引き上げるので、忘れないように。

かなり初期に覚える技ではありますが、トランポリン序盤の色々な派生技の起点となる技なので、きちんと練習して身につけましょう。
また、手の付き方で痛めてしまったり、慣れない初期に後ろにひっくり返ってしまうことなどもありますので、
十分に注意して練習してください。

なお、この腰落ちですが、参考までに動画を撮って公開しておりますので、
よろしければこちらもご覧ください。



こうちゃん
posted by 燃えPaPa at 19:54| Comment(0) | トランポリン基礎技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月04日

捻りとは

捻り とは

今回は、トランポリン技の解説ではありませんが、
特によく、トランポリンにおいて使われる単語である
「捻り」
に関して解説します。

これは、体操競技や飛び込み等でも使う用語ですが、

捻りとは、
頭と足を結ぶ軸に対して、水平方向に回転することをいいます。

180度回転で、半捻り
360度回転で、1回捻り
といいます。

以降、この*回捻り、と半捻りの組み合わせで表現します。

例:900度回転
2回半捻り


トランポリン上では、ストレートジャンプをして、
そのまま捻ることもありますが、

実際には、縦方向回転(宙返り)と組み合わせることが多いので、
宙返り中に捻った場合、あくまで、回転していても、体の縦軸に対して、
水平方向に何回回転したかで、捻りはカウントします。

今後、各技の解説で、この、

捻り

という単語は多々出ますので、ここで一度用語の解説をしておきました。
posted by 燃えPaPa at 19:59| Comment(0) | トランポリン用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月03日

一回捻り跳び(フルピルエット)

これまた
トランポリン基礎技のひとつ

一回捻り飛び(フルピルエット)

これは

以前に紹介しました、

半捻り跳び

とほとんど技としての原理は同じでして

この一回捻り跳びは、
ストレートジャンプから、
空中で、体を横方向に1回転して、また足から着地する技です。

掛け方はほぼ半捻りと同じ、

まずはストレートジャンプのようにベッドを踏み、
腕を上げ、体を引き上げる際に捻る方向に、首を少し向ける、
回転方向外側の肩を強く回す。
そうしますと、自身の顔が邪魔されるくらいになるので、
身体が、腰&胸で回ってきます。

実際には、少し慣れるまでは回転量が足りないこともあり、
その場合、回転内側の肩をジャンプ引き上げ時に強く回転方向に引く、
という行動を加えると技をかけやすいです。


派生技例
タックジャンプ→一回捻り跳び
宙返り系の技→一回捻り跳び

難度点
0.2

注意点
初心者の頃は一回捻るのもギリギリになりがち&着地で上半身がブレて転倒しがちなので、
3/4回転とかでもよいので、まずは胸を起こして捻れるようにしましょう。
初めての練習時には、指導者が抑えてあげましょう。

なお、前回の半捻り飛びとこの一回捻り飛び、動画に撮ってみましたので、よろしければ参考にしてみてください。



こうちゃん


posted by 燃えPaPa at 01:01| Comment(0) | トランポリン基礎技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

閉脚跳び(パイクジャンプ)

トランポリンの基礎技

閉脚跳び(パイクジャンプ)

ストレートジャンプから、
空中で、両足を閉じて伸ばしたまま正面に引き上げる、上半身は少し前に倒す、
着地は両足裏で

まずはストレートジャンプでしっかり体を引き上げ、
ジャンプの頂点近くで、少し猫背にして、
自分の腹にふとももが当たるくらい伸ばした足を引き上げます。
手はなるだけ遠く、できればつま先に(難しい場合すねに)。
その際に、足のみを閉じて引き上げるのは限界があるので、上半身は前に倒す。
準備体操の長座で体倒す柔軟みたいな形になります。

派生技例
パイクジャンプ→腰落ち
パイクジャンプ→前方宙返り

難度点
なし

注意点
かなりの腹筋が無いと足を引き上げるだけは難しいので、
少し猫背で、手を遠くへ伸ばすようにして体を倒し、足を引き上げましょう。
posted by 燃えPaPa at 20:29| Comment(0) | トランポリン基礎技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月28日

抱え込み跳び(タックジャンプ)

トランポリンの基礎技

抱え込み跳び(タックジャンプ)

ストレートジャンプから、
空中で、両ひざを上げ、ひざを手で抱える飛び方、
着地は両足裏で

まずはストレートジャンプでしっかり体を引き上げ、
ジャンプの頂点近くで、少し猫背にして、自分の胸にひざが当たるくらいひざを引き上げます。
腕はひざを抱くようにし、手の平でひざを持ちます。

勢いよくひざを引き上げ、足先は伸ばす、下降に移ったら、
着地のために足はまっすぐ下ろす、
といった身体の動きをします。

派生技例
タックジャンプ→腰落ち
タックジャンプ→前方宙返り

難度点
なし

注意点
胸を張って足を引き上げるとひっくりかえるので、
少し猫背で足を引き上げましょう。
posted by 燃えPaPa at 19:49| Comment(0) | トランポリン基礎技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

半捻り跳び(ハーフピルエット)

トランポリンの基礎技

半捻り跳び(パイクジャンプ)

捻りとは、別途解説もしていますが、
トランポリンにおいて、頭と足を結ぶ軸に対して、水平方向に回転することをいいます。

この半捻り跳びとは、
ストレートジャンプから、
空中で、体を横方向に半回転して、また足から着地する技です。

まずはストレートジャンプのようにベッドを踏み、
腕を上げ、体を引き上げる際に捻る方向に、身体を回します。

半捻りの場合、あまり回転させても、
着地までに回り過ぎてしまうので、
ジャンプの上昇中に、両肩を少しだけ回転させるくらいのイメージでよいです。
回り過ぎる場合は、伸ばした腕をすぐに下ろす(半捻りが回りきったら急ぎおろす)

半回転くらいは、人間ちょっとジャンプすればすぐできますので、
あとは、トランポリンとしての捻りをするために、
しっかり上昇中は身体の軸をまっすぐ維持、
胸を張り、手を伸ばす、
等の姿勢に気をつけて跳ぶと、よい技になります。


派生技例
半捻り跳び→腰落ち
後方宙返り→半捻り跳び

難度点
0.1

注意点
着地姿勢がブレがちになる人が多いので、上半身を立てるように。
回り過ぎが多いので、手を早く下ろすことで調整。
posted by 燃えPaPa at 19:39| Comment(0) | トランポリン基礎技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。