2017年02月09日

トランポリンチームラビットのこと

たまには、技関連の話題でなく、
トランポリン団体に関する話題でも

せっかくなので、私の関わり深いところから


「トランポリンチームラビット」

私の現在所属している、
社会人(中心)トランポリンチーム(サークル)でございます。

新宿区の大久保近辺の私営スポーツクラブ、スポーツ会館を会場にして、

下は中学生くらいから、上は還暦越えまで、
7,80人ほどが会員の仲良しトランポリンクラブになります。

毎週火曜の定期練習や、隔週週末に開催しているトランポリン教室、
はては、夏の宴会「暑気払い」や、年末には忘年会、冬場にはスキーに行ったりと、

スポーツも遊びも充実させている年齢の垣根を越えた趣味サークルのようになっています。


場所が新宿区、と他のトランポリンクラブチームの多くより都心に近く、
また、トランポリンでは、大人から子供まで幅広く受け入れてトランポリンを教えていますため、
多くの方にご愛顧いただいています。

歴史も古く、社会人サークルとしては、すでに30数年運営してまして、
それもあって、都内でもトランポリン世界の中ではかなり有名どころです。
(というか、社会人トランポリンクラブは少ないので各チームの情報は横で広がり、筒抜けなだけですがw)

近年では、オリンピックや世界選手権で多くの日本選手が活躍しているのもあり、
人気が上がってきたのか、だいぶトランポリンの人気も出てきました。

その影響か、うちのチームでも・・・
火曜の定期練習にも参加希望者が増え
一般募集している週末のトランポリン教室に関しては、
毎回予約がいっぱいでお断りしなくてはいけないほどです。

初心者からOKのトランポリン教室って都心には少ないですからね。

おそらくこれだけ通いやすく、ハードルも低めの教室をしているチームは、
私の知る限り都内近郊には無いですし。


私はほぼ毎回参加していますし、
このブログ読んで、もしトランポリンに興味を持ってくださった方、
よろしければ一緒にトランポリンしましょうw

新宿 トランポリン

とかで検索してもらえば、すぐにうちのチームが出てきますので。


燃えPaPa
posted by 燃えPaPa at 19:40| Comment(0) | トランポリン業界情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

ピーストランポリンジム寒川

こんばんは、燃えPaPaです。

最近また首都圏にトランポリン場がオープンしましたね、
昨今の運動ブーム、トランポリンブームのおかげで、
練習できる環境が増えるのはうれしいことです。

こちら、
ピーストランポリンジム寒川
というところになります。

神奈川県高座郡寒川にあり、
車以外で行くには少々大変ですが、
かなり大きな倉庫を利用して作られた施設で、
ミドルトランポリン3台に、ラージ(ユーロ)2台、
おまけにタントラやミニトラもあって、トランポリン好きにはたまらない施設となっています。

ぜひ一度遊びに行ってみてください。

燃えPaPa
posted by 燃えPaPa at 01:02| Comment(0) | トランポリン場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

一回捻り跳び(フルピルエット)

これまた
トランポリン基礎技のひとつ

一回捻り飛び(フルピルエット)

これは

以前に紹介しました、

半捻り跳び

とほとんど技としての原理は同じでして

この一回捻り跳びは、
ストレートジャンプから、
空中で、体を横方向に1回転して、また足から着地する技です。

掛け方はほぼ半捻りと同じ、

まずはストレートジャンプのようにベッドを踏み、
腕を上げ、体を引き上げる際に捻る方向に、首を少し向ける、
回転方向外側の肩を強く回す。
そうしますと、自身の顔が邪魔されるくらいになるので、
身体が、腰&胸で回ってきます。

実際には、少し慣れるまでは回転量が足りないこともあり、
その場合、回転内側の肩をジャンプ引き上げ時に強く回転方向に引く、
という行動を加えると技をかけやすいです。


派生技例
タックジャンプ→一回捻り跳び
宙返り系の技→一回捻り跳び

難度点
0.2

注意点
初心者の頃は一回捻るのもギリギリになりがち&着地で上半身がブレて転倒しがちなので、
3/4回転とかでもよいので、まずは胸を起こして捻れるようにしましょう。
初めての練習時には、指導者が抑えてあげましょう。
posted by 燃えPaPa at 01:01| Comment(0) | トランポリン基礎技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

トランポリン場リンコレ

こんばんは、
燃えPaPaです。

先日、ninjaのサービスで、
手軽にリンク集を生成できるサービス

リンコレ
http://lcll.jp/

というものがリリースされました。

こちら、URLと短評をつけるだけで、
気軽にソーシャルブックマークのように、気軽にリンク集を生成できます。

このブログでは、
多くのトランポリン練習場情報も紹介していきたかったので、
ここのようなサービスはちょうどよかったので、
ちょっと実験も兼ねて

東京トランポリン練習場一覧

って、作ってみましたー。
よろしければ、
今後トランポリンをしてみたくなった時の参考に、ご利用ください。


燃えPaPa
posted by 燃えPaPa at 17:28| Comment(0) | トランポリン場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月14日

半捻り跳び(ハーフピルエット)

トランポリンの基礎技

半捻り跳び(パイクジャンプ)

捻りとは、別途解説もしていますが、
トランポリンにおいて、頭と足を結ぶ軸に対して、水平方向に回転することをいいます。

この半捻り跳びとは、
ストレートジャンプから、
空中で、体を横方向に半回転して、また足から着地する技です。

まずはストレートジャンプのようにベッドを踏み、
腕を上げ、体を引き上げる際に捻る方向に、身体を回します。

半捻りの場合、あまり回転させても、
着地までに回り過ぎてしまうので、
ジャンプの上昇中に、両肩を少しだけ回転させるくらいのイメージでよいです。
回り過ぎる場合は、伸ばした腕をすぐに下ろす(半捻りが回りきったら急ぎおろす)

半回転くらいは、人間ちょっとジャンプすればすぐできますので、
あとは、トランポリンとしての捻りをするために、
しっかり上昇中は身体の軸をまっすぐ維持、
胸を張り、手を伸ばす、
等の姿勢に気をつけて跳ぶと、よい技になります。


派生技例
半捻り跳び→腰落ち
後方宙返り→半捻り跳び

難度点
0.1

注意点
着地姿勢がブレがちになる人が多いので、上半身を立てるように。
回り過ぎが多いので、手を早く下ろすことで調整。
posted by 燃えPaPa at 19:39| Comment(0) | トランポリン基礎技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする