2018年10月23日

腰落ち−1/2捻り腰落ち(スイブルヒップス)

こんばんは、こうちゃんです。

以前の記事にて、腰落ち(シートドロップ)の紹介をしていましたが、
その派生技のひとつで、

腰落ち−1/2捻り腰落ち(スイブルヒップス)

をご紹介します。こちら、ひとつの技でなく、腰落ちをして、その浮き上がりで立たずに、そのまま続けて1/2捻ってまた腰落ちをする技です。
その一連の流れを技名としてはスイブルヒップスと呼びます。

まずは以前ご紹介した腰落ちを行いまして、その腰落ちから起き上がる時に、半分捻りをします。
そして、後ろを見に行きながら、その間に前に出していた足を自分の重心の下を通して後ろに送ります。
捻って体が後ろを向いた際に足を再び前に出して、腰落ちの姿勢で落ちます。
これで一連の技の完成です。

難度点
0.1(半捻り分のみ)

注意点
腰落ち後に体を捻る間に足を下ろせない人が多く、
座った姿勢のままに横回りする人が多いです。
この場合、一度腰落ちから通常姿勢を経ていないので、厳密に言うと、このスイブルヒップスという技にはなりませんので注意。

こうちゃん


posted by 燃えPaPa at 19:47| Comment(0) | トランポリン基礎技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。