2019年03月21日

腹落ち

こんばんは、こうちゃんです。

こちらもトランポリン初期に覚え、様々な連続技に繋げますので、必須になる初期技のひとつ

腹落ち

です。
こちら、ジャンプして、体を前に倒して、腹落ちといっても、体の前面全体での着地になります。
顔だけ少しあげて、前を見て、あご下に手を当てて保護し、胸、腹、もも、ひざあたりで衝撃を散らして着地する飛び方になります。
通常はその後、ベッドを押して立つのが基本になりますが、
十分に体重が乗せられ浮かせることのできるジャンプですので、着いた後、そのまま他の技、宙返りにもっていったりすることも可能な、連続技の導入技でもあります。

難度点
0.1(体軸が縦に1/4倒れるので)

よくある連続技
腹落ち→腰落ち
腹落ち→背落ち
腹落ち→後方宙返り(コディという高難度技)

注意点
怖がってへそ、腹をひけたまま着地したり、足を上げ過ぎて胸からつっこんで落ちると、
腰を痛めやすいため、十分な注意の必要な技です。
ちょっと体前面で落ちるのは怖いですが、やる時にはためらわずにきちんと体を水平まで倒すのが肝心です。
初期は低いジャンプ&安全マットを入れて練習しましょう。

こうちゃん


posted by 燃えPaPa at 16:13| Comment(0) | トランポリン基礎技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。